便利なステージング環境

Webシステムを構築し、新しく作成したページや修正したページを公開する際、事前に確認・承認が必要な場合にステージング環境(公開前の確認環境)を使用することがあります。
ですが、Webシステムでステージング環境を用意すると、本番環境と同じ環境を構築しなければならないため構築費、運用費の負担を余儀なくされます。
WebBoardのクラウドサービスでは、Webシステムに必要なステージング環境を標準でご利用いただけます。

ステージング環境

WebBoardのクラウドサービスは、Webサイトのページを本番環境に公開する前に事前確認可能なステージング環境をご利用いただけます。
新しく作成したページ、または修正したページをいきなり本番環境に公開するのではなく、ステージング環境上で事前確認してから、本番環境(公開用サーバー)へ公開することができます。

URL

WebBoardのクラウドサービスでWebサイトを構築すると、自動で本番環境用、ステージング環境用のURLをご利用できます。
ページのHTMLは、本番用のページ、ステージング用のページの2面管理しているため、不本意なページ更新を未然に防ぐことが可能となります。

公開機能

ステージング環境で事前確認をおこなったページは、本番環境に公開するページを選び、公開するだけ。
ステージング環境を本番環境とは別に構築した場合、FTPサーバ経由でファイルをコピーし、本番環境に配置する運用が必要でしたが、WebBoardクラウドを利用することがページ更新の負担が軽減できます。